債務整理にかかる費用|借金にカタを付けよう

女性

良い事務所を選ぼう

横浜には税理士事務所がたくさんありますが、それぞれサービスの質が異なります。税理士の良し悪しは面談しないと判断できません。面談時に税理士のコミュニケーション能力や説明のわかりやすさをチェックして、自分と相性の良い人を選びましょう。

相談時に確認

男性

分割払い可能が多い

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると着手金や報酬金が必要になります。こういった費用の支払い方法は事務所によって違いますが、着手金だけ先に受け取って報酬金は分割払いを受け付けているところや、全額分割払いできるところがあります。事務所によって違いがあるので、債務整理の相談時に支払い方法について確認しておくと良いでしょう。債務整理の手続きが始まると毎月支払っていた借金の返済を一時的にストップさせることができるようになります。生活費に余裕が出てくるようになるため、その中から着手金や報酬金を支払うことができます。債務整理には過払い金請求、任意整理、個人再生、自己破産があり、それぞれかかる費用が違います。過払い金請求の場合には金融業者から過払い金が返還されたら、その中から費用を支払えるようにしているところがほとんどなので、費用の事は心配せずに依頼できます。任意整理の場合には債権者1社あたり3〜5万円の着手金と任意整理が成功した場合の報酬金、それに減額報酬が必要になります。減額報酬とは借金が減らせた額によって歩合制で支払うお金のことで、減額分の10%が上限となっています。個人再生の場合には40〜60万、自己破産の場合には20〜50万円程度の弁護士費用が必要となります。個人再生を弁護士に依頼する場合、その費用を金融機関から借りて支払おうと考える人もいますが、個人再生をする前に金融機関からお金を借りると詐欺罪が適応されることがあるので注意が必要です。

計算

顧客目線のサポートで

東京都内で税理士を探す場合は紹介してもらう方法があります。仲介者がいることで身元保証になり信頼しやすいといったメリットがあります。インターネットで探す場合は報酬など、いくつかの事務所を比較することができます。顧客の話をしっかり聞き、わかりやすい説明をしてくれる税理士を選んでください。

弁護士

遺産問題を考える

遺産や相続問題はトラブルになりやすく、事前に弁護士に相談する事をお勧めします。東京近郊の大都市には相続問題に強い弁護士が多数いいます。生前には遺言書の作成や死後の事務委任、遺留分の相談の他、死後には遺産分割協議の作成、遺産の調査など弁護士が対応できる業務は多岐にわたります。