債務整理にかかる費用|借金にカタを付けよう

遺産問題を考える

弁護士

弁護士に相談してみる

遺産相続は昔からスムーズにいかないケースがあり、そのような場合は弁護士に登場してもらう事をお勧めします。東京都内や東京近郊の大都市圏には相続問題を得意とする弁護士が多くいますので、少しでも不安があれば事前に相談をしておく事が必要です。例えば遺言書を作成しようとした場合、勝手に遺言書を作成しても無効となります。遺言は公正証書・秘密証書・自筆証書と記入方法が決まっています。このようなケース以外にも、弁護士が出来る生前の相続対策としては、被相続人の死後の事務委任・任意後見制度や遺留分についての相談があげられます。また生前贈与なども本来は税理士も深くかかわる分野ですが弁護士も深くかかわってきます。東京近郊の相続問題に強い弁護士は税理士とも深く連携していますので、このような相談も可能です。生前の相談とは逆に相続発生後では、遺産分割協議の作成や遺産の調査、相続放棄などがあります。このように弁護士が扱い業務は多く、遺言相続全般のトラブル相談に乗ってもらう事が出来ますし、総合的に法的な仲介が可能なのは弁護士のみとなります。ではどのように弁護士を見つければよいのでしょうか。一つは相続を経験した方などから紹介してもらう事です。また東京近郊では相続のセミナーを行っている弁護士もいますので、セミナーに出席し情報を得るとともにその弁護士に相談をお願いしてみるのも1つです。近年は遺産分割等に強い弁護士の口コミなども確認できますので、参考にしてみる事が大事です。